検索でもっとも多くヒットする経営用語とは?

最近「パーパス」という言葉をよく目にします。直訳すると「目的」ですが、経営用語としては「何のためにこの会社があるのか」という、組織や企業の「存在意義」を意味します。 その核心は「なぜこの事業をやっているのか」という、本質を突いた問いになります。昔から使われてきた「存在意義」と言えばよいものを、この分野にはカタカナ用語がとても多いです。

パーパスに限らず、企業理念、ミッションやビジョンなど、いろいろな経営用語があります。さて、「企業理念」は会社によっては「経営理念」と言いますが、どちらの言葉がよく使われているでしょうか。

グーグルで検索してヒットした件数をモノサシにすると、「企業理念」が2.1億件、「経営理念」が1.1億件です(2021年9月30日時点)。2倍も違うのです。

では次の質問です。下の9つの経営用語のうち、グーグル検索ヒット件数がもっとも大きいのはどれでしょうか?
【候補】
  企業理念、ミッション、パーパス、存在意義、ビジョン
  経営戦略、営業戦略、営業方針、事業計画 (以上、9つ)

答えは「営業方針」です。筆者は「経営戦略」か「事業計画」だと思っていたのですが、「経営戦略」1.4億件、「事業計画」2.5億件に対して、「営業方針」はなんと5.5億件にのぼります。グーグル検索でヒットした件数なので、それだけ企業ホームページに営業方針が書かれていて、投資家やビジネスマンが検索するということなのでしょう。

下の図に答えを書いています。ちなみに、文字の大きさがヒット件数の大小を表します。

経営用語検索上位ランキング

【関連記事】
人気の経営用語である「営業方針」についてオンラインセミナーを開催します。
詳しくはこちら

関連記事

  1. 営業力強化の重要性 見える化、プロセス毎に細分化、そしてPDCAを回す
  2. menu_no2_1 重点顧客を深く知るために各人がもつ情報を共有する
  3. 55.デジマ&売上UPピラミッド インサイドセールスが初回訪問へつなげる
  4. 4539844_s 営業管理者にエールを贈る
  5. 48.商談が失敗する理由 商談失敗の原因は準備不足が多い
  6. 73.リアル商談とオンライン商談の違い オンライン商談で顧客情報を得るには?
  7. 33.階層別アプローチ 会社どうしの関係を階層別に強化する
  8. 64.売上UPの流れ1 営業現場を見ても、営業力の見える化は難しい
PAGE TOP