検索でもっとも多くヒットする経営用語とは?

最近「パーパス」という言葉をよく目にします。直訳すると「目的」ですが、経営用語としては「何のためにこの会社があるのか」という、組織や企業の「存在意義」を意味します。 その核心は「なぜこの事業をやっているのか」という、本質を突いた問いになります。昔から使われてきた「存在意義」と言えばよいものを、この分野にはカタカナ用語がとても多いです。

パーパスに限らず、企業理念、ミッションやビジョンなど、いろいろな経営用語があります。さて、「企業理念」は会社によっては「経営理念」と言いますが、どちらの言葉がよく使われているでしょうか。

グーグルで検索してヒットした件数をモノサシにすると、「企業理念」が2.1億件、「経営理念」が1.1億件です(2021年9月30日時点)。2倍も違うのです。

では次の質問です。下の9つの経営用語のうち、グーグル検索ヒット件数がもっとも大きいのはどれでしょうか?
【候補】
  企業理念、ミッション、パーパス、存在意義、ビジョン
  経営戦略、営業戦略、営業方針、事業計画 (以上、9つ)

答えは「営業方針」です。筆者は「経営戦略」か「事業計画」だと思っていたのですが、「経営戦略」1.4億件、「事業計画」2.5億件に対して、「営業方針」はなんと5.5億件にのぼります。グーグル検索でヒットした件数なので、それだけ企業ホームページに営業方針が書かれていて、投資家やビジネスマンが検索するということなのでしょう。

下の図に答えを書いています。ちなみに、文字の大きさがヒット件数の大小を表します。

経営用語検索上位ランキング

【関連記事】
人気の経営用語である「営業方針」についてオンラインセミナーを開催します。
詳しくはこちら

関連記事

  1. 53.経営基盤強化に向けて注力する分野 経営基盤強化に向けて営業力強化に取り組む
  2. 経営者が強化したい分野 営業が弱いという現象の問題と原因をさぐる
  3. 営業革新活動の流れ 業務量過多の状態でどこから対策を打つべきか?
  4. 売上UP研トップページのヒートマップ 自社サイトは期待するほど読まれてない?
  5. P1030066 ある特定の分野でNo.1をつくる
  6. 重点顧客との関係強化法 貴社にとっての重点顧客を特定できていますか?
  7. kintoneSFAの顧客管理2 顧客情報はどのように管理していますか
  8. 48.商談設定シート ロールプレイングでは商談場面を詳しく設定する
PAGE TOP