営業プロセスの成果を案件ランクに展開する

営業プロセスの第1段階である訪問・情報提供が成功した場合の成果は何でしょうか。
営業マンが提供した情報に対するお客様の反応はさまざまです。「参考になります。後で詳しく読んでおきます」「興味があればこちらから連絡します」は体の良いお断わりです。「もっと詳しく教えてもらえますか」という前向きな反応をもらえたら、すかさず「お客様と同じ業界の事例が参考になると思います。導入事例を次回持参します」と次のアポどりにつなげれば、その商談は成功です。
その結果、この商談は「引合案件」にランクアップされて、次の「提案・プレゼンテーション」プロセスに進みます。

下の図では、営業プロセス、それが成功した場合のお客様の反応、そして営業成果を対にして1行ずつ並べています。ポイントは一番左の進捗度ランクです。商談の進捗度を下から上へと、1から4のランクで表しています。

営業プロセスの成果

進捗度
ランク
営業プロセス 成功した場合の
お客様の反応(例)
営業成果
4 クロージング 注文します 受注案件
3 見積・取引条件提示 価格をもう少し協力してもらえないですか 見積案件
2 提案・プレゼンテーション 価格はいくらでしょうか 提案案件
1 訪問・情報提供 もっと詳しく教えてもらえますか 引合案件

このようにお客様の反応に応じて、営業プロセスや進捗度ランクを決めていくと、次に素晴らしい展開が待っています。
営業マンが抱える手持ち案件が仮に10件あったとすれば、ランク4は1件で1,200千円、ランク3は2件で2,000千円というふうに手持ち案件をランク分けして、今後の売上見込みを立てることが可能になります。

 

関連記事

  1. 売上UPピラミッド基本形 自社に最適な売上UPピラミッドをつくる
  2. 包装材料店の売上UPピラミッド例 営業プロセスを作ると打ち手が見えてくる
  3. 営業プロセス いきなり受注はありえない
  4. 経営者が強化したい分野 営業が弱いという現象の問題と原因をさぐる
  5. 9.営業部門の役割 営業の仕事は受注だけではない
  6. 8.法人営業と個人営業の違いB 個人営業と比べてみて、法人営業の特徴を理解する
  7. 【営業力を測る5つの指標】 5つの軸にそって営業力を健康診断
  8. なぜ営業力を科学するのか? 安定した売上を上げるために
PAGE TOP