ウリを織り込んだ、営業力のある会社案内

前号の「ある特定の分野でNo.1をつくる」を読んで、「どんなに考えてみても当社にNo.1はないし、そもそも恥ずかしくて、そんなことは言えません」と尻込みする方も多いと思います。そんな方はNo.1を「ウリ」に置き換えてみましょう。

「御社のウリは?」と訊かれても、答えられない方がたくさんいます。問題や課題といった「できてないこと」は意識していても、ウリを意識することが少ないからでしょう。普段意識しないウリを考えるコツは、「小さなウリ」を「たくさん」見つけることです。特別なウリではなく「小さなウリ」なら見つけやすいはずです。小さなウリをたくさん見つけたら、それらを一つ一つ検証し、見直していきます。

ウリができたら相手の興味を引く「自社のウリ文句」に仕立てて、それを具体的にイメージさせる「事例」、ウリの根拠となる「技術や設備」、ウリを支える「会社の基本情報」をお客様にお伝えしたいものです。そのためには会社の概要や営業内容を伝える営業ツールが欠かせません。

menu_no8_1_2

会社案内が代表的な営業ツールですが、営業に使える会社案内を準備できている会社は多くありません。展示会や商談会を前にして、営業ツールがないというお話もよく耳にします。単なる会社紹介にとどまらない、引き合いに結びつけるための「営業力のある会社案内」です。

つくり方は、ウリを伝える会社案内のつくり方をご覧ください。

「他社に負けない」と自負する商品・サービスを持つことで営業マンは自信がついて、前向きに提案するようになります。騙されたと思って、ぜひ実行してみましょう。

関連記事

  1. コロナ後には会うために議題が必須になる
  2. オンライン商談ではいきなり本題へ
  3. 売上UPピラミッド 営業活動をプロセスに分けて管理する
  4. 経営者が強化したい分野 営業が弱いという現象の問題と原因をさぐる
  5. 26.ポジショニングマップ ポジショニングマップで位置づけを明確にする
  6. 営業プロセスでの成果 営業プロセスの成果を案件ランクに展開する
  7. 対面会議と異なるオンライン会議の進め方
  8. 8.法人営業と個人営業の違いB 個人営業と比べてみて、法人営業の特徴を理解する
PAGE TOP