マッチングイベントを活用しよう

コロナ禍においてオンライン商談が急速に浸透しています。信頼関係ができあがった既存顧客との商談では、Zoomに代表されるオンラインミーティングや電子メールでのやりとりで、コロナ前と比べても効率的になった面があります。一方、人間関係はおろか面識さえない新規顧客開拓では面談できないと、なかなかお客様の困りごとを聴取できず、商談に苦労しています。

そんな中で新規顧客開拓を進めるために、行政機関や金融機関が行うビジネスマッチングイベントに参加してみたらいかがでしょうか。その中から、さいたま市の取り組みをご紹介します。

こんな技術が欲しい、こんな加工をしてほしいというニーズを提示する大手メーカーや商社と、こんな技術やソリューションがありますという地域製造業が、BIZ match SAITAMAサイトから登録します。それらをどうマッチングしていくのか。さいたま市では、大手企業で開発や調達等の経験が豊富なコーディネータが技術ニーズを的確にとらえ、解決手段を持ちうるソリューション提供企業と結びつけます。

コーディネータが仲介して「お見合い」をセッティングしてくれるので、新規顧客開拓や新規調達先開拓には最適なイベントです。リアル商談会、オンライン商談会のいずれも設定されています。行政の仕組みをうまく活用していきましょう。

BIZmatchSAITAMA2021

関連記事

  1. menu_no2_2 顧客の立場で考える
  2. 【営業力を測る5つの指標】 5つの軸にそって営業力を健康診断
  3. 見える化、営業プロセス、そして科学的アプローチ
  4. menu_no9_2 ロールプレイングで商談に勝つ
  5. 経営者が強化したい分野 営業が弱いという現象の問題と原因をさぐる
  6. 23.把握整理するための問いかけ 顧客の戦略の違いを見分ける
  7. 33.階層別アプローチ 会社どうしの関係を階層別に強化する
  8. 営業力を科学する売り上げUP研究会イメージ画像 営業プロセスはエース営業マンが知っている
PAGE TOP