補助金を活用しよう

10月11日のコラム「代理店の機能を活かす」では、代理店や販売店が担っている機能を4つご紹介しました。その4つめ「情報提供機能」が特に重要になっています。コロナ禍の現在では、さまざまな補助金や助成金が国・自治体から出されています。自社やお客様に役立つ補助金をいち早く情報察知して情報提供すると、大変感謝されます。

自治体のホームページを毎回わざわざ閲覧しに行かなくても、メールマガジンに配信登録したり、関連するセミナーを受講したりすることで、補助金そのものの情報に加えて、金融機関や行政、支援機関の情報が蓄積できます。私は手掛けていませんが、補助金申請資料作成をサポートする中小企業診断士が知り合いにもたくさんいます。彼ら中小企業診断士にも業種や製品によって、また手掛ける補助金の種類によって得手不得手があります。最適な中小企業診断士を知っておくことも大切です。

コロナ感染拡大により、テレワークが一気に進みました。テレワークに関しても、経済産業省のIT導入補助金、厚生労働省の働き方改革推進支援助成金、東京都のテレワーク導入促進整備補助金など手厚い施策が提供されています。それぞれの特徴を理解して、自社に最適な補助金に取り組んでみましょう。

関連記事

  1. 【営業力を測る5つの指標】 5つの軸にそって営業力を健康診断
  2. 7.2 営業プロセスを細分化した営業行動 営業プロセスを営業行動へ細分化する
  3. 売上UPピラミッド 営業活動をプロセスに分けて管理する
  4. 9.営業部門の役割 営業の仕事は受注だけではない
  5. P1030066 ある特定の分野でNo.1をつくる
  6. menu_no2_1 顧客を深く知るために各人がもつ情報を共有する
  7. 38.直販と代販の違い 代理店販売のメリット・デメリット
  8. コロナ後の営業スタイルとは
PAGE TOP