一週間の訪問計画を立てる

顧客別に営業対応レベルと訪問周期を決めたら、次に、その週の訪問計画を作ります。実際には、前週の金曜夕方またはその週の月曜午前に、営業グループ内で週次ミーティングを行う中で決める会社が多いようです。

訪問しても会えない非効率さを避けるためにはアポどり訪問が望ましいですが、実際にはアポをとる次回訪問商談は多くありません。商品説明や技術プレゼン、見積提示のように準備が必要で、お客様がぜひ聞きたいと思うような商談が中心になります。

下の表「ある週の行動予定表」においては、火曜13時、木曜15時、金曜9時半と11時にアポどり訪問が決まっています。その前後に近隣の客をノーアポ訪問で埋めていって、新商品情報や展示会案内チラシを配って、案件掘り起こし活動を行います。金曜午前は、普段はお会い頂けないような新規攻略ターゲット先のキーマンに対して「上司の営業担当取締役と一緒に参りますので」という理由をつけて、面談申込をして会っていただけるケースも多くあります。「たまに一緒の上司同行訪問をいかに上手く活用するか」は頭の使いどころです。

営業担当者にとってデスクワークも大事な業務です。見積書や提案資料の作成、伝票処理に費やす時間(例えば1/2日)を予定して、まとめて事務作業をする日を確保しておかないと、無理が生じて行動計画を遂行できません。前号コラムの例だと1ヵ月に75から90訪問、週に換算すると約20訪問が必要です。下表「週間訪問計画」の3,4項のように、週次ミーティングで上司は、担当者がその件数を訪問できそうか、案件顕在先に対しての営業行動が適切か、案件づくりの種蒔き訪問、新規攻略ターゲットへのチャレンジ具合ができているか、営業担当者が作る週間スケジュールをチェックしながら面談していきます。

78.週間訪問計画立て方

関連記事

  1. 営業革新活動の流れ 業務量過多の状態でどこから対策を打つべきか?
  2. 8.法人営業と個人営業の違いB 個人営業と比べてみて、法人営業の特徴を理解する
  3. 48.商談が失敗する理由 商談失敗の原因は準備不足が多い
  4. 77.訪問間隔設定表 不戦敗を防ぐために訪問間隔ルールを導入する
  5. 89.D 商談記録 良い商談記録と悪い商談記録、その違いを理解しよう
  6. kintoneを使ったSFA_案件管理画面 SFAで営業活動を一元管理する
  7. 重点顧客における行動計画表 重点顧客との関係づくりにトップを巻き込め
  8. 87.1a.SFA商談履歴Aパターン SFAに記録されない重要商談の3タイプ
PAGE TOP